FC2ブログ
    2014
    10.05

    BashのShellshockバグ・OS X 10.9 (Mavericks)の対応状況

    Bashの脆弱性(Shellshockバグ)について、
    OS X 10.9 MavericksのBashが対処できているか確認してみました(2014.10.5時点)。

    BashのShellshockバグに対する対策版はversion 3.2ではPatch 55以降だそうです。
    参考:GNU bash の脆弱性に関する注意喚起

    OS X 10.9 Mavericksの現状

    OS X 10.9.5(2014.10.4までのアップデートはすべて適用)のBashのバージョンは…
    Version 3.2, Patch 51(1)でした。
    $ /bin/bash --version
    GNU bash, version 3.2.51(1)-release (x86_64-apple-darwin13)
    Copyright (C) 2007 Free Software Foundation, Inc.


    OS X bash Update 1.0がリリースされているはずですが、
    ソフトウェア・アップデート経由でその案内が出てきません。
    自分でAppleのサイトから落としてくるしかない?

    OS X bash update 1.0適用後

    OS X bash update 1.0 - OS X Mavericksを自分でダウンロードしてアップデートをかけてみました。
    Version 3.2, Patch 53(1)でした。
    $ /bin/bash --version
    GNU bash, version 3.2.53(1)-release (x86_64-apple-darwin13)
    Copyright (C) 2007 Free Software Foundation, Inc.


    ということで、どちらとも対策は万全ではないですね^-^;

    Appleから完全対策版のアップデータが出るまでは、
    やはりログインシェルの変更をした方が良さそうです。

    おまけ:OS X 10.9でログインシェル変更後にHomebrewでエラーが出たので対処

    OS X 10.9のMacにもログインシェルの変更を適用してみました。
    2014.10.8追記:こちらにより適切な対策をアップしました。

    変更自体はうまくいったのですが、
    その後にHomebrewを起動しbrew updateをかけると以下のようなエラーが出ました。
    $ brew update && brew upgrade
    error: insufficient permission for adding an object to repository database .git/objects
    fatal: failed to write object
    fatal: unpack-objects failed
    Error: Failed to update tap: homebrew/versions
    Already up-to-date.

    パーミッションのエラー?何かの拍子で設定が狂ったか?
    sudo chown -R $USER /usr/localを実行して問題解決!

    参考:brew update doesn't work · Issue #10292 · Homebrew/homebrew · GitHub
    関連記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    トラックバックURL
    https://w6o6n.blog.fc2.com/tb.php/134-3d558ba2
    トラックバック
    コメント
    管理者にだけ表示を許可する
     
    back-to-top