FC2ブログ
    2019
    04.11

    ブログ画像の保存先・容量制限はどれくらい?(FC2ブログ・flickr・imgur)

    今回はブログに掲載する画像の保存先といった
    お世話になっているサイトの容量制限についてまとめてみました。
    久しぶりのブログ活動なので、確認がてら。

    なお、ここで表示している画像はそれぞれご紹介しているサイトにアップロードしています。
    画像が表示されている=サービスが機能してる、という目安になります。ご参考まで。

    FC2ブログ


    Just pop-up when click.

    まずはこのブログのホストであるFC2ブログから。

    容量10GB(有料版なら無制限)
    制限事項1ファイルあたりのサイズ制限:2MB(有料版なら5MB)

    10GBあれば1日1MBのペースで使っても30年くらいもつ計算。
    私のようなノンビリ更新の人や、画像少なめの人にとっては十分すぎる容量。とてもありがたい。
    月300円の有料プランなら容量無制限・広告非表示・独自ドメインなどの特典があるので
    ヘビーユーザーの方は検討してもいいのではないでしょうか。

    残量は「ファイルアップロード」のページの途中で確認できます。

    Just pop-up when click.


    節約のつもりで最小限のものだけ保存してたら、なんと1MBしか使ってなかった! 節約しすぎ^-^; 

    ソース:有料プランFC2ブログProについて徹底解説! - FC2ブログ 公式ちゃんねる


    flickr


    Pop up original photo when click

    flickrは無料登録で使える画像投稿サービス。
    使い始めた当初、無料アカウントで1TBでしたが・・・
    今は改訂されて無料アカウントで画像1000枚までになってしまいました。一気に閉塞感。

    容量1000ファイルまで
    制限事項1ファイルあたりのサイズ制限:200MB(画像)、1GB(動画)。
    画像はJPEG,PNG,GIF(non-animated)をサポート。
    (それ以外のフォーマットはJPEGに変換される)
    画像は幅が高さの31.25倍を超えてはいけない。
    16x16ピクセル以下の画像はアップロードできない。
    動画は再生できるのは3分まで。


    活用しないのもアレなんで、今後は
    「厳選した高画質画像を無圧縮で置いておく。限定1000枚」
    という感じで使っていこうと思います。

    残量はブラウザ右上のユーザーメニューで確認できます。

    Pop up original photo when click

    ソース:
    Flickr upload requirements
    Flickr upload requirements
    参考:ちまちまとMacをいじるブログ | flickrで作られる縮小JPEG画像の考察



    imgur


    Larger image may be shown with click

    imgurは無料登録または登録なしで利用できる画像投稿サービス。
    Twitterなどでよく利用されてるらしいです。
    私も試しに使ってみたところ、老舗でサービスもひととおり揃っているし、使用感も良かったので
    今後はこちらに一般画像を置こうと思っています。

    以前は「一定期間閲覧されない画像は消去される」という仕様でしたが
    現在は無条件でずっと消されません。安心して使えます^-^
    一応サインインしなくても利用できますが制約が多いです。
    サインインしてのご利用をオススメします。


    容量無制限
    制限事項1ファイルあたりのサイズ制限:
    画像ー20MBまで。すべての画像はロスレス圧縮される。
    5MB以上の画像は圧縮される(画質劣化)。
    また5MB以上のPNGはJPEGに変換される。
    動画は200MBまで。30秒以上または2MB以上の動画はGIFVに変換される。
    制限事項
    (サインインしない場合)
    1MB以上の画像が圧縮される(画質低下)。
    画像をアルバムで管理できない。
    画像を消去するには運営へのリクエストが必要。


    その他、アクセス制限として以下のようなものがあります。
    ・同一IPアドレスからアップロードできるファイル数は1時間に50ファイルまで。
    ・1日あたり1250 uploadまたは12500 requestsが上限。
    ・1ヶ月に5回上限を超えると1ヶ月ブロックされる。

    ソース:
    What files can I upload? What is the size limit? – Imgur
    The Imgur API - General Information



    おまけ・GiitHub


    以下は画像アップロードとは無関係です!

    ついでにソースコード公開用として利用しているGitHubのアップロード上限もまとめておきます。


    容量100GB(1GB以下を推奨)
    1GBを超えると節約を促すメールが、75GBを超えると警告通知が来る。
    制限事項1ファイルあたりのサイズ制限:100MB
    (50MBを超えると警告のメールが届く)
    ブラウザからのプッシュでは25MBまで。

    ソース:
    What is my disk quota? - GitHub Help
    Working with large files - GitHub Help


    スクリプトなどの基本的なファイル:
    上記の表のとおりです。

    コンパイル済みのものやパッケージしたバイナリ:
    リポジトリで配布することは非推奨(リポジトリに巨大なファイルを入れると動作が遅くなる)。
    配布したい場合はReleases機能を使う。
    容量の上限は設けられていない。1ファイルあたり2GBのサイズ制限がある。
    Distributing large binaries - GitHub Help

    巨大なファイル:
    Git Large File Storage (Git LFS)を利用する。
    巨大ファイルはリモートレポジトリではなく別の場所に保存され、リモートリポジトリにはファイル属性だけが保存される。
    容量は2GB。1ヶ月あたりの保存容量(Storage quota)または転送量(Bandwith quota)が1GBを超えると
    quotaを購入するか1ヶ月ブロックされるかを選択することに。
    Git Large File Storage | Git Large File Storage (LFS) replaces large files such as audio samples, videos, datasets, and graphics with text pointers inside Git, while storing the file contents on a remote server like GitHub.com or GitHub Enterprise.


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    Comment:0  Trackback:0
    2019
    03.23

    GitHubデビュー

    Category: 未分類   Tags:GitHub
    ご無沙汰しています。
    なんてことはない、せわしなく生きてて更新の機会を失ってました。。
    時々は浮上するようにします^-^;



    この度、プログラマーが集う登竜門・GitHubにデビューしました!(大げさ笑)
    参加資格とかは特にないんで、私のような素人でも利用は自由です笑
    前々から興味あったんですが、ようやくです。


    GitHubは単にソースコードをアップロードして公開するだけでなく、
    Gitというバージョン管理システムを使ってプログラムの公開・共有・開発が出来る場所。
    正直、そのGitが少々ややこしくてなかなか手が出せなかった^-^;

    大元のプログラムの分家を作り(=fork)、自分の手元で好きなように変更、
    本家にフィードバック(=pull request)、といったことがとてもシンプルにできます。
    この環境は魅力的!

    今後は長ったらしいソースコードはそちらに置くようにします^-^

    GitHubならバイナリ(アプリ)も公開できるので
    「プログラムとか分からん。すぐ使える形で欲しい」という声にも応えられます^-^
    ニーズがあるかは別にして笑

    続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    Comment:0  Trackback:0
    back-to-top