--
    --.--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2014
    07.11

    HomebrewでApacheをインストール:最近の変更点まとめ

    今回の台風、台風本体よりも
    先行した雨雲の方がたちが悪かった…
    ようやく一息つけそうですね^-^;
    みなさんは大丈夫でしたか?


    この台風の影響で、沖縄でのベイスターズ公式戦は
    2戦とも中止になると踏んでました。

    ところが2日目、まさかの試合強行^-^;
    ゴメス(後藤)選手の3ランで逃げ切り勝利!!
    沖縄のプロ野球ファンにとっても
    ベイスターズファンにとっても良かったですけどね^-^;

    正直なところ、今回の遠征は主催者判断で中止にすべきだったと思います。
    大人の事情があるんでしょうけど
    特別警報が出てる所に行くとか…さすがに危険。
    グリエル選手の選択の方が正しかったと思います。


    今回はHomebrewネタ。
    某所で同じようなことを書いたのでまとめ直してみました。

    HomebrewでApacheを導入・最近のトラブル


    Homebrewを使って自前でApacheをインストールする方法は各所で紹介されていますが、
    最近インストール方法が多少変わったため、戸惑っている方もいらっしゃるようです。
    そこで、変わった部分だけご紹介しておきます。

    tapする場所が変わった

    2014.6.15までhomebrew/dupesにあったformulaが
    homebrew/apacheに移設されました(参考)。

    tapする場所が変わったため、今後は以下のようにします。
    従来:brew tap homebrew/dupes
    現在:brew tap homebrew/apache

    異なるバージョンのformulaが利用できるようになった

    これまではhttpd1択でしたが、現在はhttpd22とhttpd24という2つのバージョンから選べるようになりました。
    httpd22にはversion 2.2.27が、httpd24にはversion 2.4.9が入っています(2014/7/8現在)。

    インストールする際のコマンドはこんな感じになります。
    従来:brew install httpd
    現在(httpd24をインストールする場合):brew install httpd24

    インストールする前におまじないが必要

    GitHubのhomebrew/apacheのページ
    OS X 10.8/10.9にインストールする前に実行すべきコマンドが紹介されています。
    (これをやらないと恐らくインストール途中でエラーが出ます)
    sw_vers -productVersion | grep -E '^10\.[89]' > /dev/null && bash -c "[ -d /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Toolchains/XcodeDefault.xctoolchain ] && sudo -u $(ls -ld /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Toolchains/XcodeDefault.xctoolchain | awk '{print $3}') bash -c 'ln -vs XcodeDefault.xctoolchain /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Toolchains/OSX$(sw_vers -productVersion | cut -c-4).xctoolchain' || sudo bash -c 'mkdir -vp /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Toolchains/OSX$(sw_vers -productVersion | cut -c-4).xctoolchain/usr && ln -s /usr/bin /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Toolchains/OSX$(sw_vers -productVersion | cut -c-4).xctoolchain/usr/bin'"


    その他の注意点

    httpdのformula自体にも改良が加わったことで
    コンポーネントのディレクトリも変わってます。
    Homebrewのprefixが初期設定のまま(/usr/local)の場合、以下のように変わっています。

    Apache本体:
    /usr/local/Cellar/httpd/usr/local/opt/httpd
    confファイル(httpd22の例):
    /usr/local/etc/apache2/httpd.conf/usr/local/etc/apache2/2.2/httpd.conf

    他のファイルについてはformulaとにらめっこしたり、ファイルを検索するなりして探ってみて下さい。
    参考になれば幸いです。

    おまけ:#{prefix}といったパスの参考
    Formula Cookbook · Homebrew/homebrew Wiki · GitHub
    関連記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    トラックバックURL
    http://w6o6n.blog.fc2.com/tb.php/124-e26c6e4e
    トラックバック
    コメント
    管理者にだけ表示を許可する
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。