--
    --.--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2015
    12.08

    今年も残すところあと23日

    Category: Mac   Tags:SophosElCapitanHomebrew
    更新が滞ってすみません。。
    おかげさまで本業大忙しです。
    お給料は変わりません(笑)

    気がつけば30,000アクセス突破!
    ありがとうございます^-^
    こんなマニアックなブログですが
    これからも地味にやっていきます^-^



    という訳で、ベイスターズは最終戦でも負けてしまい
    最下位になっちゃいましたとさw
    シーズンを通じての全力プレイ、おつかれさまでした。

    そして、ラミちゃんが新監督に就任!
    予想が的中してしまった…
    監督としての適正は分かりませんが、
    コーチ陣や戦力をしっかりお願いします。

    来年は飛躍の年になりますように!

    (解決済み)Sophos Anti-VirusがHomebrewのジャマをする


    うちのアンチウイルスソフトはSophos Antivirus for Mac(無償)
    無償、無料、個人利用 | アンチウイルス、マルウェア対策、Mac | Sophos Anti-Virus for Mac Home Edition
    設定を厳しくすると動作が重くなりますが
    FirefoxでもChromeでも守ってくれる強い味方♪
    頼りにしています^-^

    OS X10.11 "El Capitan"になってから
    ルート直下のディレクトリへの書き込み制限が厳しくなりました。
    そのあおりを受けてSophos Anti-Virusもインストール先が変更になりました。

    以前は
    /usr/bin/sweepというコマンドと
    /usr/share/man/man1/sweep.1というマニュアルがインストールされてたのが

    2015/9/25(日本時間)のアップデート後は
    /usr/local/bin/sweep
    /usr/local/share/man/man1/sweep.1に変更されました。
    あ、/usr/local/bin/SophosUpdateもですね。

    困ったことに、こいつらがアップデートされるごとに
    以下のディレクトリの所有者がroot:wheelに変更されるようになってしまいました

    /usr/local, /usr/local/bin, /usr/local/share, /usr/local/share/man, /usr/local/share/man/man1

    /usr/localはオレ様用ディレクトリなんですけど!
    勝手に所有者変えないでくれる?

    こいつのせいでHomebrewで構築した
    sudo不要のディレクトリが台無しです。

    この状態でHomebrewのアップデート等を行うと
    やっぱり怒られてしまいます。
    $ brew doctor
    Please note that these warnings are just used to help the Homebrew maintainers
    with debugging if you file an issue. If everything you use Homebrew for is
    working fine: please don't worry and just ignore them. Thanks!

    Warning: /usr/local/bin isn't writable.

    This can happen if you "sudo make install" software that isn't managed by
    by Homebrew. If a formula tries to write a file to this directory, the
    install will fail during the link step.

    You should probably `chown` /usr/local/bin

    Warning: /usr/local/share isn't writable.

    This can happen if you "sudo make install" software that isn't managed by
    by Homebrew. If a formula tries to write a file to this directory, the
    install will fail during the link step.

    You should probably `chown` /usr/local/share

    Warning: Some directories in /usr/local/share/man aren't writable.
    This can happen if you "sudo make install" software that isn't managed
    by Homebrew. If a brew tries to add locale information to one of these
    directories, then the install will fail during the link step.
    You should probably `chown` them:
    /usr/local/share/man
    /usr/local/share/man/man1


    おかげで、何かする度にroot:wheelから自分:staffにセットし直し^-^;

    幸いにもSophosもこの問題を認識し
    2015/11/19(日本時間)に改善してくれました。
    'sweep' command installs itself into /usr/local and changes permissions, wreaking havoc on Homebrew - Sophos Anti-Virus for Mac Home Edition - Free antivirus & tools for desktops - Sophos Community
    インストール先は変わりませんが
    ディレクトリの所有者を変更する悪いクセが治りました^-^

    Sophosによる問題は解消されましたが
    他のアプリから同様の侵蝕を受けそうで心配です^-^;
    スポンサーサイト
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    Comment:1  Trackback:0
    back-to-top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。