--
    --.--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    2016
    07.21

    PowerPCアプリの環境保全(3) PowerBook G4・破損の巻

    久々に時間ができたので更新!

    古株のPowerBook G4に一体なにをやらかしたかというと…

    モニタと本体をつないでいるヒンジを
    壊してしまいました orz


    モニタの開閉が渋くなってきたので
    動きをよくしようと何度も開閉を繰り返したら
    向かって右側のヒンジが「バキっ!」と折れてしまいました…

    Picture pop-up on Click!
    これが正常な左のヒンジ部分。


    Picture pop-up on Click!
    そしてこれが折れた右のヒンジ。


    写真だと分かりにくいですね^-^;
    とりあえずディスプレイと本体とでつながってないです。
    すぐそばに細いケーブルが通っているので
    このまま使い続けると断線する可能性大です。



    実はこれ、PowerBook G4 (Titanium)ではよくあるトラブル。
    ググると同様のトラブルがたくさん見つかります^-^;

    ヒンジ自体が細いアルミ製で弱っちいので、
    可動部のグリスが劣化・漏洩して動きが悪くなると
    開閉の力に耐えきれずにヒンジが折れてしまう
    ようです。

    ヒンジ破損の予防策・グリス塗り直し


    動きが渋いと感じたら、粘性の高いグリスを注入し直してやるといいらしいです。
    古いグリスをできるだけ除去してから
    新しいモリブデングリスを可動部に押し込み、
    ゆっくり動かして馴染ませればメンテ完了!

    参考:PowerBook G4 12インチの緩んだヒンジを直す。完全分解でマイッタ。 :パワーリンゴ

    ヒンジ破損の事後策・修理


    この折れたヒンジだけ交換すれば直せそう。
    でもネットで調べてみると

    「本来はモニタ・ヒンジがセットになったモニタユニットを丸ごと交換」
    「ディスプレイを分解して元に戻すのは困難」

    といった情報がチラホラ。 難易度高そう^-^;

    そこで、同じような症状のジャンクをオークションで格安で入手。
    これで分解修理の練習をしてみました。

    折れたヒンジを取り出すと、こんな感じになってました。
    Picture pop-up on Click!

    ポッキリ折れてます。
    厚さ2ミリほどのアルミ製のようですので
    接着とかじゃ対処できないですね。

    ちなみに折れてないヒンジはこんな感じです。
    これをキレイに移植してやれば直せる。はず。
    Picture pop-up on Click!


    実際にディスプレイを分解てみた印象ですが、
    極薄の外装が強力な接着剤で貼り付けてあって
    はがすのも元に戻すのも難しいです^-^;;
    (両手で試行錯誤しての作業なので写真撮れず)

    うまく直せるか5分5分ですが
    時間ができたら本番に挑戦してみます!(無謀)
    失敗したら・・・素直にディスプレイ丸ごと移植に切り替えます^-^;



    おまけ。懐かしい画像その2。
    今は無き爆弾アイコン(笑)

    Picture pop-up on Click!


    スポンサーサイト
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    Comment:0  Trackback:0
    2016
    05.20

    PowerPCアプリの環境保全(2) PowerBook G4・再起動

    OS X 10.6~10.8で使えるブラウザの中で唯一アップデートが続いているFirefox。
    いよいよコイツも8月でサポート終了になるようです。

    参考:「Firefox」がOS X 10.8以前のサポートを8月で終えるとな。私のVistaの新ブラウザ。 パワーリンゴ/ウェブリブログ
    公式発表:Update on Firefox support for OS X | Future Releases


    法人用のサポートは+1年あるらしいですが、私のような一般人には無縁のこと^-^;
    OSのアップデートはお早めに!(ブーメラン)

    前回からの続き


    PowerPCアプリ用の環境を残すために私が選んだ方法。
    それは…
    PowerBook G4の復権!
    前回の記事の写真はMac OS 9.2.2でデュアルブートできた時の記念写真です^-^

    Picture pop-up on Click!

    Titanium・15インチ・867MHzというモデル。
    チタンで覆われた筐体と薄い液晶が当時話題になりました。
    ギガじゃないですよ。メガなんです笑


    私の酷使(ムチャ振り・いじめとも言う)に耐えられるほどの処理能力はなかったので
    もっぱらモバイル限定のサブ機でした^-^;

    MacBook Airにその座を奪われ、壊れていないけど出番もないまま鎮座。
    大掃除の度に断捨離の候補に挙っていた崖っぷちのマシンでした^-^;;


    でも、ブラウザ不使用・PowerPCアプリ専用機として考えると…

    ・OS XのPowerPCアプリがネイティブで走る
    ・ClassicモードでOS9アプリも走る
    ・いざとなればOS9ブートもできる(ほとんど趣味ですが笑)
    ・省スペースで省電力。モニタを別途用意しなくていい
    ・シングルタスクで普通の作業をする分には問題なし

    いけるやん!!

    ということで、こいつに古いPowerPCアプリを託すことにしました!

    チェックと修復


    付属のセルフチェックアプリ「Apple Hardware Test」で異常がないかチェック。
    異常なさそうです。
    Picture pop-up on Click!



    時々メンテしてたおかげでバッテリーは快調!
    Battery Health Monitor by Sonora Graphicsというアプリでチェックしてみたところ
    10年ものとは思えない元気さでした(笑)
    Picture pop-up on Click!



    時計などを維持する内蔵電池はさすがに死んでたので
    気合いで電池交換!(要分解・電池入手・ハンダ付け)
    どうしてPowerBookの電池はこんなに交換しづらいんでしょうね^-^;;(=伝統です)
    Picture pop-up on Click!



    HDDのお掃除、アプリのインストール、ファイル共有の設定を済ませて作業完了♪

    これで万全!と思いきや・・・
    やってしまいました・・・(次回に続く)笑


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    Comment:0  Trackback:0
    back-to-top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。